便秘を治すストレッチ!

頑固な便秘を治したい!と思ったら、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を実践するのも良いけれど、冬の寒い時や夏の太陽がカンカン照りの日は家から一歩外に出て歩くのもおっくうになることがあります。

 

ここでは、自宅でいつでもどこでも、寝ながら簡単にできるストレッチについて、ご紹介しましょう。

 

便秘を改善するには、胃腸の動きを活発にする必要があります。そのためには、胃腸を適度に刺激を与えることが大切です。便秘で悩んでいる人は、ヨガのポーズを基本としたストレッチを取り入れると良いでしょう。

 

寝ながらできる方法

単にヨガのポーズを真似して行うだけではなく、体と心をひとつにして調和させること、そして精神をリラックスすることです。ヨガを行うといっても、とくに瞑想をする必要はなく、ここでは簡単なコブラのポーズのやり方をご説明しましょう。

 

床に両足を閉じてうつ伏せの姿勢をとり、全身をまっすぐ伸ばして、胸を広げるようにして手のひらで床を押しながら、ゆっくりとした動作で体を後ろに反らします。

 

体が少し上がったらしばらくそのままの状態で、呼吸を2〜3回します。後ろに反る時には、背筋と腹筋を使うように意識すると良いでしょう。夜寝る前に、1セット10回〜20回程度行うと良いですね。

スポンサーリンク

トップへ戻る