便秘 かんちょう やり方 ウォシュレット 効果

便秘にはかんちょう|ウォシュレットでも効果ある?

便秘にはかんちょう

便秘を解消するための対策として、かんちょうはもっとも原始的な方法ですね。一昔前の時代は、赤ちゃんや子供が便秘になった時に、果物のいちじくを使ったかんちょうがよく用いられていました。

 

しかし、近年はトイレの機能が向上して、ウォシュレットで便秘を解消する人も増えてきたようです。

 

ウォシュレットでも効果ある?

ウォシュレットは洋式のトイレですが、もともとわたしたち日本人は和式のトイレが主流で便器にしゃがみこんで排便をする習慣がついていました。

 

しかし、しゃがむのがきつい人もいるので、洋式トイレだと便器に腰かけるだけで良いので姿勢が楽になります。しかし、その反面、大腸が刺激されにくくなり、排便がスムーズにできない人も増えてきたようです。

 

古い時代には良い文化がたくさんありますが、もしかしたら日本人のトイレ文化の変化にも、便秘になる原因が潜んでいるのかもしれませんね。

 

そもそもウォシュレットとは、トイレの温水洗浄便座の機能のことを指しており、洋式トイレにはさまざまなタイプのものがありますが、その中でももっとも高いシェアを誇るのが、このウォシュレットです。

 

ウォシュレットを使った便秘解消法

トイレに入った時に、ふだんは何気なくウォシュレットを使っていることと思いますが、便秘を解消させる効果が期待されるやり方についてご紹介しましょう。

 

水流は弱に設定して、少しいきんだタイミングでウォシュレットを使うのがコツです。軽くいきんだ状態でウォシュレットを使うと、自然に肛門が緩み、ほどよく直腸が刺激されるので排便がスムーズになります。

スポンサーリンク

トップへ戻る