便秘に効く入浴法!塩風呂の便秘解消効果とは?

便秘を解消するには、わたしたちの食生活の中で身近な存在である塩を使うと良いと言われているのをご存知でしょうか。

 

便秘の予防・解消の効果を期待するなら、お風呂に塩をひとつまみ入れると、塩の持つパワーで体の芯までぽかぽか温まり、体の冷えをとってくれるので、寒い冬も快適に過ごせます。

 

ドラッグストアに行くとたくさんの入浴剤が販売されていますが、塩はまさに自然界がもたらした健康と美容に良い入浴剤で、便秘を解消する効果が期待されることはもちろんのこと、デトックスダイエットにも最適ですね。

 

塩風呂の作り方

便秘を解消する入浴法のひとつとして、塩風呂は簡単にできるのでおすすめです。スーパーで販売されている300円くらいの価格の自然塩を買って、お風呂にお湯を入れて塩を入れておくだけで塩風呂のできあがりです。

 

塩風呂にする時は、お湯の温度はややぬるめにすると良いでしょう。冬は38〜40度、夏は36〜38度にして、ぬるめのお湯にゆっくりつかって温まるのがコツです。

 

暑い夏は、塩風呂で半身浴をしても良いでしょう。

 

長く入っていると自然に発汗作用が促され、下半身の冷えをとり、血液循環とリンパの流れが活性化されて、大腸の動きも活発になります。

 

便秘解消にはもちろん、疲労回復、ストレス解消、肩こりや腰痛の予防・解消などの効果も期待されます。

スポンサーリンク

トップへ戻る