便秘を解消する水分の取り方|水分摂取量は?

便秘を解消するために便秘薬を服用する人もいますが、それは根本的に便秘を解消する方法ではなく、対処療法ですからあくまでも一時的なものにすぎません。

 

便秘の症状で悩む人の多くは、ふだんから水分摂取量が少ない傾向にあります。

 

水分の取り方を工夫するだけで、自然な排便が促され、便秘が解消されたケースもありますので、毎日水をたくさん飲む習慣をつけておくと良いでしょう。

 

1日に水を2リットル以上飲むと良いと言われていて、水分摂取量が多いと腸が刺激されて活発に動くようになります。

 

水分の取り方

朝起きてからすぐに、コップ1〜2杯程度の水を飲むと良いでしょう。水分をしっかり補給すると便が軟らかくなり、排便がスムーズになります。

 

のどが渇いた時に水を飲む程度では、水分の摂取が十分であるとは言えません。食事をする時も、できるだけ食べ物と一緒に水分を摂取するように心がけることです。

 

寝ている間に体の水分が大量に奪われてしまうので、朝起きた時は体内の水分量が少なくなり、血液がネバネバ状態になることもあります。

 

水分を多く摂取することによって、体内に溜まった老廃物や毒素が排出されて、新陳代謝が活性化され、自然にお通じが促されるのでデトックスダイエットにも良い効果が期待できます。

スポンサーリンク

トップへ戻る